黒島

全長354メートル、伊古桟橋はかつて、漁船の船着場でした。いまは、観光名所です。沖に西表島、石垣島が見えます。牛の数が、人の10倍。ハートの形の、平らな島です。

島宿 しまやど

くわしく見る
  • ジャージー牛のきなこ

    黒島の牛は、ほとんどが黒毛和牛です。ジャージー牛は、島に一頭しかいません。「きなこ」という名前です。毎年2月に開催される「黒島牛まつり」では、乳搾り体験もできます。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 朝のさんぽ

    南来には、2匹の犬がいます。ハナとパイです。お客さんと一緒に、さんぽすることもあります。かわいいです。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島宿の販売コーナー

    ウミガメの手ぬぐいが、あります。日焼け止めが、あります。歯ブラシもあります。お土産に、旅支度に、いろいろと便利です。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島宿のフロント

    島ぞうりが、飾られています。「南来」の文字や三線が、デザインされています。宿のこと、島のこと、わからないことはここで聞きましょう。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島宿の浴室

    清潔です。浴室は、2ヶ所あります。シャンプー・リンスも、あります。ドライヤーは、浴室内にあります。広いです。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島宿の食堂

    壁に、三線やギターが掛かっています。島酒が、たくさん並んでいます。テラスもあります。夜には、ゆんたくがはじまることもあります。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 朝の島ごはん

    夕食と同じく、ボリューム満点。お味噌汁も、ついてます。野菜は、なるべく島内産のものを使うようにしています。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 久貝秀利(くがいひでとし)さん

    秀利さんは、音楽好きです。宿の食堂には、三線やギター、たくさんのCDがあります。夕食後にリクエストすると、島唄の弾き語りをしてくれます。ミニライブのようです。三線は独学です。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • ジャージー牛のミルク

    黒島港の、牛のモニュメントのすぐ近く。「パーラーハートランド黒島」で、無料でふるまってくれます。ミルクは、島内唯一のジャージー牛「きなこ」のもの。搾りたてです。おかわりは、自由です。お店では、自転車の貸し出しも行っています。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 黒島牛まつり

    島民の数より、牛の数が多い黒島。毎年2月には、黒島牛まつりが開催されます。石垣牛の丸焼きや、牛汁などが食べられます。石垣島をはじめ、本土からも観光客が訪れます。抽選会の一等賞は、牛一頭です。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 青パパイヤの実

    島内には、パパイヤの木が自生しています。青パパイヤは、黒島の特産品です。島の人には、野菜として親しまれています。肉料理や煮物料理、刺身のツマにもよくあいます。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 黒島船客ターミナル

    島の北部。ターミナル内には、売店「まちや」があります。お菓子やアイス、お土産を販売しています。船の時間に合わせて、営業しています。近くには、レンタサイクルのお店もあります。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • Wi-Fiステッカー

    黒島港船客待合所と、仲本海岸にWi-Fiスポットがあります。今後、拡大予定です。SNSも、楽しめます。ステッカーには、竹富町の人気マスコットキャラクター「ピカリャ〜」が描かれています。モチーフは、イリオモテヤマネコです。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • プズマリ

    宮里海岸の入口にあります。琉球石灰岩を積み重ねてできた物見台です。琉球王国時代に、海上交通を監視するために、つくられたとされます。所々、崩れかけています。立入禁止です。周辺からは、土器や貝類が出土しています。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 西の浜

    港近くの浜。沖には、西表島や新城島が望めます。ウミガメが、産卵に訪れる浜としても有名です。産卵時期は、4月から9月頃。運が良ければ、産卵シーンと出会えるかも。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 黒島灯台

    島の南端にあります。ハート形の黒島の、ちょうど尖った部分にあります。11月頃からは、水平線上に南十字星が見えます。東筋集落からの道は、舗装されています。自転車でも、行きやすいです。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • iconoma(イコノマ)

    伊古桟橋近くのカフェ。雑貨も販売しています。パパイヤ入りカレーやフルーツシェイクなど、気になるメニューがいっぱい。オーナーは、昔、パリで生活していたそうです。店内のインテリアに、センスが光ります。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • たま商店

    東筋集落近くの商店。食料品から雑貨まで、幅広く取り扱っています。品揃えは、島内一とも言われています。アイスクリームもあります。お店には、「たま」という名前のおばぁがいます。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 沖縄県道213号黒島港線

    東筋集落から黒島港までの道。約2.4キロあります。日本の道100選にも、選ばれています。記念碑もあります。日本最南端の都道府県道です。歩道には、ヤシの木が植えられています。自転車で走ると、爽快です。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 南神山御嶽(ぱいはめまわん)

    黒島では、御嶽を「わん」と呼びます。黒島には、8つの主要な御嶽があります。「八嶽」と、呼ばれています。南神山御嶽は、八嶽のひとつです。御嶽は、神聖な場所です。むやみに立ち入らないようにしましょう。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 東筋(あがりすじ)集落

    琉球石灰岩でできた、石垣があります。ガジュマルのトンネルもあります。赤瓦屋根の民家もあります。伝統的な景色が残る集落です。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 笑うヤギ

    島を歩けば、ヤギがいます。いっぱい、います。中には、写真のように笑ってくれるヤギもいます。ぜひ、撮ってあげてください。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 久貝さんご夫婦

    秀利さんは、石垣島出身。奥さんは、黒島が地元です。夕食後、2人で島唄を歌ってくれることもあります。また、聞きたくなる島唄です。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 夜の島ごはん

    夫婦2人でつくります。秀利さんの釣った魚が、食卓に並ぶ日もあります。夕食は、5〜6品出てきます。ボリューム満点です。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島宿のゆんたく

    ゆんたくには、秀利さん、奥さん、そして島の人が飛び込み参加することも(しょっちゅう) 。一階のテラスで、ゆんたくすることもあります。リクエストすると、秀利さんの三線が聞けます。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島宿の島酒

    ゆんたくの友。請福の蔵本は、石垣島の請福酒造です。昔ながらの、直火釜蒸留法でつくられています。飲んでいると、三線が聞きたくなります。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島宿の室内

    部屋は、和室。エアコン完備、無料です。清潔に、こだわっています。とても落ち着きます。牧草地に囲まれているので、夜は静かです。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島宿の正面

    表札は、宿主の久貝秀利(くがいひでとし)さんが、ノミで彫ったそうです。宿の周りには、牧草地が広がります。西の浜が、すぐ近くにあります。
    • フェリーで島へ行く
    • 宿に泊まる
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • ガジュマルの木

    集落内の道路にあります。樹齢は、100年以上とも言われます。島のシンボルとして、親しまれています。島内には、大きなガジュマルの木がいくつかあります。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • ヤシガニ

    陸生甲殻類の最大種。夜行性、雑食性です。絶滅危惧種に指定されています。獲り過ぎると、絶滅につながります。見つけても、そっと見守る程度に。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 伊古桟橋

    ハート形の島、黒島。伊古桟橋は、ハートのちょうど窪んだ部分にあります。満潮時、桟橋の先端まで行くと、海中に立っている気分が味わえます。桟橋は、釣り場ポイントでもあります。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島民の10倍以上。約3,000頭の牛を放牧しています。牧草地が、島一面に広がります。毎年2月には、「黒島牛まつり」が開催されます。抽選会では、牛一頭が当たります!
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 緑のトンネル

    伊古集落から伊古桟橋に抜ける道。両側が、森になっています。伊古集落には、かつて、多くの漁師が住んでいました。トンネルを抜けると、伊古桟橋の登録有形文化財の碑があります。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる
  • 島の標識

    集落の外には、目印になる建物がほとんどありません。道に迷ったら、標識が頼りです。海外からのお客さんのために、4ヵ国語併記。標識には、ツマベニチョウが描かれています。ツマベニチョウは、竹富町の「町の蝶」に指定されています。シロチョウでは、世界最大級です。
    • フェリーで島へ行く
    • フェリー + 飛行機 島へ行く + 宿に泊まる